ListLines

行のロギングを有効または無効にしたり、最近実行されたスクリプトの行を表示したりします。

ListLines Mode

パラメータ

Mode

型:整数(ブーリアン)

省略した場合は、直近に実行された行の履歴を表示します。Otherwise, specify one of the following numbers, which affects only the behavior of the current thread as follows:

1 (true): Include subsequently-executed lines in the history.

0 (false): Omit subsequently-executed lines from the history.

戻り値

型:整数(ブーリアン)

This function returns the previous setting; either 0 (false) or 1 (true).

備考

If ListLines is not used to affect line logging, the default setting is 1 (true).

ListLines (with no parameter) is equivalent to selecting the "View->Lines most recently executed" menu item in the main window. It can help debug a script.

ListLines False and ListLines True can be used to selectively omit some lines from the history, which can help prevent the history from filling up too quickly (such as in a loop with many fast iterations). ListLinesを呼んでいた行も、ごちゃごちゃしないように、行履歴から削除しています。また、ラインロギングを有効にしている間は、パフォーマンスが数%低下する場合があります。

ListLinesモードが変更されると、現在の行(一般にListLinesを呼び出した、またはA_ListLinesに割り当てられた行)が行履歴から省かれる。

新しく起動するスレッドホットキーカスタムメニュー項目時間指定サブルーチンなど)はすべて、この機能のデフォルト設定で新しくスタートします。このデフォルトは、スクリプト起動時にこの関数を使用することで変更することができます。

The built-in variable A_ListLines contains 1 if ListLines is enabled and 0 otherwise.

これに関連して、組み込み変数A_LineNumberA_LineFileには、現在実行中の行番号とその行が属するファイル名が格納されます。

KeyHistory, ListHotkeys, ListVars

特定の行のラインロギングを有効/無効にし、その結果を表示する。

x := "This line is logged"
ListLines False
x := "This line is not logged"
ListLines True
ListLines
MsgBox