Version 2.0.11

https://www.autohotkey.com

© 2014 Steve Gray, Chris Mallett, portions ©AutoIt Teamand various others

ソフトウェアライセンスGNU一般公衆ライセンス

クイックリファレンス

はじめに

スクリプト:

キーボードとマウス:

その他:

謝辞

1999年にAutoIt v2をフリーソフトとして公開したJonathan Bennett氏の寛大な姿勢は、私をはじめ世界中の多くの人々にインスピレーションを与え、時間を節約する役割を果たしました。また、AutoIt v2コマンドセット、Window Spy、旧スクリプトコンパイラなど、AutoHotkeyの機能拡張の多くは、AutoIt v3のソースコードから直接採用されています。だから、Jonと他のAutoItの著者にも感謝しています。

最後に、AutoHotkeyは、このような他の人たちの存在なくしては、今日の姿はなかったでしょう。

~ Chris Mallett