WinHide

指定したウィンドウを非表示にします。

WinHide WinTitle, WinText, ExcludeTitle, ExcludeText

パラメータ

WinTitle, WinText, ExcludeTitle, ExcludeText

型:文字列整数またはオブジェクト

もしこれらの項目が未設定または省略されたときは、最後に見つかったウィンドウが使用されます。そうでないときは、WinTitleウィンドウタイトルまたはターゲットウィンドウを識別するための他の基準、および/またはWinTextにターゲットウィンドウの単一のテキスト要素からの部分文字列(付属のWindow Spyユーティリティを使えばわかります)を指定します。

ExcludeTitleExcludeTextはウィンドウのタイトルまたはテキストで除外するために使用します。指定の仕方はWinTitleWinTextに似ていますが、ExcludeTitleはウィンドウのタイトル以外の基準(ウィンドウクラスやHWNDなど)を認識しません。

ウィンドウのタイトルとテキストは大文字と小文字を区別します。DetectHiddenWindows関数 と DetectHiddenText関数で変更しない限り、初期設定では非表示ウィンドウは検出されず、非表示テキストは検出されます。SetTitleMatchMode関数で変更しない限り、初期設定ではウィンドウのタイトルはその中のどこかにWinTitleまたはExcludeTitleを含んでいれば一致します。

エラー処理

グループモードが使用されている場合を除き、ウィンドウが見つからなかった場合はTargetErrorがスローされます。

備考

WinShow関数を使って、隠しウィンドウを解除することができます(DetectHiddenWindows関数は、これをオンまたはオフにすることができます。)。

ただし、WinTitleahk_group GroupNameのときは、グループ内のすべてのウィンドウが対象となります。

WinShow, SetTitleMatchMode, DetectHiddenWindows, Last Found Window, Win functions

メモ帳を開いてから実行されるまで待ち、短時間非表示にしてからそれを解除します。

Run "notepad.exe"
WinWait "Untitled - Notepad"
Sleep 500
WinHide ; Use the window found by WinWait.
Sleep 1000
WinShow ; WinWait関数で見つかったウィンドウを表示します。

一時的にタスクバーを隠します。

WinHide "ahk_class Shell_TrayWnd"
Sleep 1000
WinShow "ahk_class Shell_TrayWnd"