Suspend

すべての、または選択したホットキーホットストリングを無効または有効にします。

Suspend NewState

パラメータ

NewState

型:整数

If omitted, it defaults to -1. それ以外の場合は、次のいずれかの値を指定します:

1 または True:Remarks セクションで説明した以外のすべてのホットキーホットストリングを一時停止します。

0 または False:上記で無効にしたホットキーとホットストリングを再度有効にします。

-1:以前の状態(オンまたはオフ)と逆の状態に変化する。

備考

デフォルトでは、スクリプトはトレイアイコンまたはメインウィンドウから中断することもできる。

ホットキー/ホットストリングの前に#SuspendExemptディレクティブを付けることで、サスペンドを免除することができます。免除されたホットキー/ホットストリングは、サスペンドがオンになっていても有効なままです。これにより、ホットキーでサスペンドをオフにすることができます。

キーボードマウスのフックは、本機能による変更で正当化される場合、取り付けまたは取り外しが可能です。

アクティブなウィンドウの種類などの条件に基づいて、選択したホットキーやホットストリングを自動的に無効にするには、#HotIfを使用します。

スクリプトのホットキーを一時停止しても、スクリプトの実行中のスレッドは停止しません。

スクリプトのホットキーが一時停止されると、トレイアイコン透明なHを持つ緑色のアイコン に変わります(スクリプトも一時停止されている場合は緑色のアイコンに透明な一時停止のマーク に変わります)。このアイコンの変更は、TraySetIcon(,, true)を使ってアイコンをフリーズさせることで回避できる。

組み込み変数A_IsSuspendedには、スクリプトが中断されている場合は1が格納され、そうでない場合は0が格納される。

#SuspendExempt, Hotkeys, Hotstrings, #HotIf, Pause, ExitApp

ホットキーを1回押すと、すべてのホットキーとホットストリングが一時停止します。もう一度押すとサスペンドが解除される。

#SuspendExempt
^!s::Suspend  ; Ctrl+Alt+S
#SuspendExempt False

別のスクリプトにサスペンドコマンドを送信します。

DetectHiddenWindows True
WM_COMMAND := 0x0111
ID_FILE_SUSPEND := 65404
PostMessage WM_COMMAND, ID_FILE_SUSPEND,,, "C:\YourScript.ahk ahk_class AutoHotkey"